FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊ってばかりの部屋。

踊らされ続けてるってことは、結果として、踊り続けていることになっちゃう。

She's So Unusual/Cyndi Lauper
Shes so unusual

なんと言ってもTime After Timeがすきですきで。
見たことがあるだろうか、この曲のMV。
アルバムのジャケットと同じ、オレンジ色の髪の毛が眩しい。

曲の中に回想がある。
彼女の髪は、彼と知り合ったばかりの頃はブロンドだった。
そして一緒に暮らし始めて互いの仲が深まってきた頃、なんの前触れも無く、彼女が髪を夕日のように燃えるオレンジに染めてしまう。
色だけじゃない。
髪型も、片側だけ、まるでワッフルのように格子柄に刈り上げて。

初めてそれを見た彼は、取り乱してしまう。

何でも知った気に、知られている気になっていた。
2人ぴったり重なって、止まっていたはずの時。
こんな些細なことで、短針・長針・秒針、それぞれがまるでバラバラのリズムを刻み始める。

彼女には、彼が「おねがい、そんなに先を急がないでくれ」と言っているように聞こえる。
彼女には最初からそのつもりなんてないのに。
彼女は彼女のリズムで踊ってみせただけ。それなのに、彼はただそれを微笑みながら見てる、なんてできなかった。
彼には、2人で踊れる曲だけがあればよかった。
でも彼女には、彼女自身のリズムで踊れる曲も必要だったのだ。

「私はここに居るわ、あなたを置いてなんていってない。私のやり方で踊り続けてるだけ。」

どうしたら解ってもらえるんだろう。

ジャケットに映る、踊っているシンディがだいすきなんだけど、吊り上げられたように伸びる右腕と内向きに曲がった足が、まるでマリオネットみたいなんだ。
斜め下を向いているその瞳も、真っ赤な唇も、笑っていないのが切ない。
踊らされているの?
でもとっても綺麗。



初めて「エターナル・サンシャイン」を観たとき、すぐこのMVのシンディを連想したんだ。
いつも彼女を追いかける彼、ずっと置いていってるつもりなんて無い彼女、バラバラの時を刻む時計。
(いや、多分オレンジ色の髪の毛ってのが一番の決め手だとは思うけども…w)
あの映画は、立ち止まることだけが待つってことじゃないと教えてくれた。ことに『運命』と呼ばれる、人生の大事なタイミングに関しては尚更。



どんな結果が待ち受けていようとも、彼女は踊ることを止めない。
踊らされていると気付いていても、踊り続ける。
信じられるもの、綺麗なものが、そこにあるって彼女は確信してるから。
自分でも、彼でも、それ以外の何かや誰かでもなく、ステップを踏むことに彼女は生かされている。

シンディは、1曲1曲まるで違う歌い方と息遣いをする。
"Girls Just Want To Have Fun"なんて"ハイスクールはダンステリア"とかいう一言も歌詞にでてきちゃいないような単語の邦題をつけられちゃうくらいノリノリだし。(邦題ってほんとに面白い!!いつか古今東西の珠玉の邦題を集めて曲の内容と比較するという”やりたい邦題”なる企画で記事を書いてみたいとずっと思ってるw)
ちなみに"Time After Time"は"過ぎ去りし想い"。これは個人的に少し納得がいかない。過ぎ去ってねぇし!!
"She Bop"は"闇夜でShe Bop"、"All Through The Night"は"魅惑のスルー・ザ・ナイト"。あぁ、時代を感じる!!
"All Through The Night"はシンディの歌の中でも特に気に入っているもののひとつだ。色っぽい。あ、確かに魅惑っぽい。


彼女は何にだってなれるように言うし、何も怖くないように振る舞う。
彼女が本当にそうなのか、それを本気で知りたがるなんて、だとしたらあんたはろくなヤツじゃないよ。
踊り続けてるひとのかける魔法にかからないなんてお気の毒だ。

彼女がまた冗談言ってるって?彼女にそんなことできっこないって?
あんたほんとに踊らないひとだねぇ。

冗談を、なめるなよ。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ま★

Author:ま★
こんにちは。
ようこそおいでくださいました。

頭の中はとても愉快なやつです。
見た目はとっても冴えないですが。

更新は気まぐれになりそうですが、できるだけ頑張ります。

パーティーの招待状には、終わりの時間を書かないそうです。

しかしこのパーティーの本当に怖いのは、そもそも終わりの時間は永久に訪れそうにないこと。

ごゆっくり。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。