FC2ブログ
  • home >
  • 観るもの >
  • まったく新しい言葉で、でも、懲りずにきみと話したい

まったく新しい言葉で、でも、懲りずにきみと話したい

タイトルは、最近、長けりゃいいと思っているらしい。自分。

アクロス・ザ・ユニバーアス/ジュリー・テイモア監督作品
アクロス・ザ・ユニバース

なにかと引用がだいすきな私としては、本当に、こういう無理矢理感の否めないミュージカル映画には目がない。

第一、不自然すぎる。
普通は歌うように話さない。

話すように歌えても。歌うように話せない。

だからこそ、パーフェクト・シチュエーションってやつが訪れる。ミュージカル映画には。

それに惹かれたり憧れたりすることは、人間として、超がつくほど自然だと思うんだけど、どうだろう。



あ。
ついさっき、引用がだいすきだと言ったけど、もちろん引用でなくてもすきだ。

本当にまったく新しい言葉を話してみたいと思ってる。





誰かの1ページに、なるつもりなんてさらさら無い。
どうせなら、1冊まるごと欲しい。

1小節じゃ足りない。
私はもっともっと壮大な1曲のラプソディーだから。

ごちゃごちゃしている物語がすきだ。
1番私をシンプルにしてくれる。



これからも、ビートルズはたくさんのひとに歌われるだろう。

この地球上で、今までで、最も有名なバンド。

でも、誰も知らない彼らの曲は、まだある。



それは、あなたに今、流れた歌だ。










スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ま★

Author:ま★
こんにちは。
ようこそおいでくださいました。

頭の中はとても愉快なやつです。
見た目はとっても冴えないですが。

更新は気まぐれになりそうですが、できるだけ頑張ります。

パーティーの招待状には、終わりの時間を書かないそうです。

しかしこのパーティーの本当に怖いのは、そもそも終わりの時間は永久に訪れそうにないこと。

ごゆっくり。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード