スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちのいずみ

思うところならいっぱいあった。

不思議だね、生まれたばかりの頃は、この私でも、思うとおりに動けないことがストレスだから泣いていたと思うんだけれど。

思うとおりに手足を動かせるようになった今では、動かさないといけないことがストレスだ。

押せば湧き出るいのちのいずみも、なんだか涸れつつある気がする。

だって、まるで自分は持っていなかったかのように、若さを、持っている者が卑怯なのかと言いたくなるくらいに揶揄する人もいる。

うんざりだ。

現にこの目に日曜には瞬いていたはずの星も、この水曜の夜には死んでいるんだぞ。

同じ時を生きているのに、優劣なんかない。

オトナたちに、「まだ若いんだから」と言われる場面じゃ、ロクなことは起こらない。

いのちのいずみを守れ。

誰かに見せるためではない、大切なものを持った方がいい。タグとか付けてる場合ではない。

深淵から溢れ出るあの感情を守れ。誰かに引っ張られるわけではないエモーションを。




そのために君に会いたい。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ま★

Author:ま★
こんにちは。
ようこそおいでくださいました。

頭の中はとても愉快なやつです。
見た目はとっても冴えないですが。

更新は気まぐれになりそうですが、できるだけ頑張ります。

パーティーの招待状には、終わりの時間を書かないそうです。

しかしこのパーティーの本当に怖いのは、そもそも終わりの時間は永久に訪れそうにないこと。

ごゆっくり。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。