スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あまい」は「うまい」じゃない。

2,996。

何の数字か分かるかしら。
ふたりの距離の概算………ではない。断じて。

手のひらに押し寄せる迷惑な、エレクトリックかつエキセントリックな、お手紙。読まずにいる数よ。
こんだけ食べれば、白山羊さんも太るわ。

『失礼ですが猿でも出来ます。まずあなたに出来るのはとにかくこの本文を見て内容を把握することです。』

ほんと失礼だ。猿に謝れよ。そんなこと、わたしにゃできんよ。

FLY/YUKI
FLY.jpg
初回限定のLPジャケット仕様。
一番の驚きは、「ほう…ディスクはそんなふうにして、そこにいれるんだ〜」という点。
歌詞カードもジャケットに合わせて勿論どデカく、フォント一つとって見ても、嗚呼、邦楽レコード!のこだわり。

ビジュアル面からぱっと思い出したのが、「ナイアガラレコード」。
まぁ全然関係は無いんだろうけど、想起しますよね。なんせ大滝詠一さんの永眠は記憶に新しい。
なんかカラリとした西海岸風味のアートワークというか、“ロングバケーション”が海からの風なら、これは内陸から海へ向かう強い風か。
多分「君はスーパーラジカル」とか歌うもんだから、「君は天然色」を思い出したんだと思う。
君はテクニカラー(なんて言葉は出てこないけど)。あの曲大好きだ。
かねてよりフィルスペクターを敬愛していた彼に、あの「君は天然色」が出来上がったとき、どんな気持ちだったんだろう。
心に拳があれば、それは会心のガッツポーズだったに違いないんだ。

YUKIはどんなかな。
FLYが何を意味するかは、私、到底分からないけれど、かなりのびのびして、羽根を伸ばせたのでは?という感じ。

この作品を前にした多くの人たちにとって、私の言うことなんてたいした影響力は持たない。
影響といえばせいぜい煙たがられるくらいのもので、そんなのかなりどうでも良い。
私はそれを分かってて、安心安全の中で発言することとするか。

私は、YUKIには、もう、たいした期待はしていない。
別にそれは、冷めている、とイコールじゃない。
特に、ショーのステージで、アイドル然りと愛想を振りまく彼女を待っていないということ。
もちろん愛想振りまかれれば嬉しいし、私自身もその気にさせられたら黄色い声だってまだ出せるけど。

FLYは前半と後半の、というよりも、正確に言うと、後半の12、13、14曲目に固められたタイアップ曲とその他の曲の統一感がなさ過ぎる。と、感じる。
A面とB面があった、まさにレコードみたいだね。不思議。
反して、先に挙げた三曲以外のことを考えると、YUKIのアルバムにしては珍しいと思うほど、それに4、5、6曲目なんて如実に、纏まってる、というか、偏ってる。
全部の曲、作り直そうと思ったらそれぞれ全く違う形になりそうってくらい、元がひとつに纏まっている感じ。
言葉選びは、自分の目と脳みそがまるきり変わったのか?と思うくらい、ここ数年は、心掴まれるものはなかった。
今回にしてもそう。心掴まれるどころか、ちょっぴり照れくさくなってちょっと遠ざけたい感じ。
だけど嫌いなの?って言われるとやっぱりすきだ。
こだわってるわけじゃない。でもすきだ。
だから照れ隠しに、オススメしたい曲はやっぱり「君はスーパーラジカル」かな。なんか邪魔にならないリズムがいい。
猫好きなら聞いたことのある“ワッツマイケル”というワードはちりばめられた「ポートレイト」も良いな。妄想欲を掻き立てるストーリーが流れている。ファインダーを覗き込む相手に語りかけるわたしの気持ちが熱い。
意外と「眼鏡を外して」もすき。
裸、に、NO.5は、もちろんシャネルのね、とピンときたけれど、素直に聴けない、に、NO.9は何?ってしばらく考え巡らせてた。
あ。歓喜の歌か。
ね、ちょっと楽しい。たまらない。



また、とりとめもなく思い出すことがある。
シンディローパーのエピソード。

みんなご存知、「ハイスクールはダンステリア」、こと、「Girls Just Want to Have Fun」が爆発的に売れた頃。
シンディはこの曲をもっと違う風に歌いたかったというエピソード。ライナーノーツに書いてあった。
シンディはもっと、この曲はブラックに歌い上げたかったと。
だから後年彼女は、同曲を「ヘイ・ナウ」という曲にアレンジし直し、正しく、歌った。
私はこのエピソードを知って「ヘイ・ナウ」を初めて聴いたとき、「あ、これ、最初からこの曲だったら、絶対にあれほどは売れなかっただろうな」と、素直に思った。

YUKIは、真逆のことをやっているんだなぁと、薄ぼんやり思う。

すきなこと、すきなだけやってみてる。
誰にでもできたことじゃない。
すかれたいと思ううちには、絶対にできないことだから。
皮肉じゃなくて、このアルバムが、私が買うほど普通に売れるって、凄いなと思う。
いろんな人が持っているんだなぁと思うと、すこしそわそわする感じ。

すきは、それだけで、たくさんを持っている。

すき、そのものが、特別であるということ。

だって、すきなんだもーーーーーーん。

こんなアルバムが、秋に発売されるってのがいいね。
負け犬の遠吠えが、遠くまで美しく響く夜が、秋の日にはある。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ま★

Author:ま★
こんにちは。
ようこそおいでくださいました。

頭の中はとても愉快なやつです。
見た目はとっても冴えないですが。

更新は気まぐれになりそうですが、できるだけ頑張ります。

パーティーの招待状には、終わりの時間を書かないそうです。

しかしこのパーティーの本当に怖いのは、そもそも終わりの時間は永久に訪れそうにないこと。

ごゆっくり。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。