スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼びたい

みんなみんな、言いたいことが他にある。

もえない―Incombustibles/森博嗣
もえない
途中、小休憩(仮眠?気絶?)を挟んだ後、一息で読み上げられました。

ミステリーの核心となるはずの、「謎」とそれに対する「解」を求めることは、ここではわけがわからないまま、輪郭をひたすらなぞらされるような行為に過ぎない。
それが核心なのではなく、それは外郭になり、何か全く、見当もつかなかったものを、浮かび上がらせる。

みんなが、言いたいことは他にある、とでも言いたいような振る舞いをする。



結局、「もえない」名前だけが、残った。

名前、については前も考えたことがあるけれど、
名前は、他から与えられるもので、そのときは確か、「持たぬもの」だと言った。
それ自身が自発的に何かを持つことが無いもの。

しかし、名前は常に「意味」を纏っているし、籠められた「意味」(「願い」と言っても良い)に対して、頼みもしないのに責任を負ったりもしている。

名前は、腐らない。
人が歳を取らない(写真が若返る)ように。

何もかも剥ぎ取られても、それは残る。
与えられたもので、残る唯一のもの。
それは勿論、業火で焼き尽くせるものでもないし、土に還りもしない。

だから、萌えない。

他を浸食し、他に浸食されない。

名前をもらった私たち。
常に、言いたいことは他にある。

みんながそれに気付いていて、だからそれを守っている。

名前があって良かったと思う。
ほんとうにそう思う。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ま★

Author:ま★
こんにちは。
ようこそおいでくださいました。

頭の中はとても愉快なやつです。
見た目はとっても冴えないですが。

更新は気まぐれになりそうですが、できるだけ頑張ります。

パーティーの招待状には、終わりの時間を書かないそうです。

しかしこのパーティーの本当に怖いのは、そもそも終わりの時間は永久に訪れそうにないこと。

ごゆっくり。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。