スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30世紀の恋

ファンタジーは、許されない世界。

わたしの願い事/YUKI
わたしの願い事

先日、ニューシングル”STARMANN”がリリースされたYUKI。
最近すっかりYUKIにご無沙汰だった私は、何故最後にNが重なっているんだろうとか不粋な疑問を抱かざるをえなかった。



何をしても息切れしてしまう。

行動範囲と引き換えに、いろんなものを狭くしてきた。
誰も進んで奪いはしないのだけれど、とにかく何かを捧げてきた。
そうしていないとまた息切れをしてしまうので。

気がつくと、なにかとてつもなく切羽詰まったものたちに囲まれていた。
肩こりとか。解消したり、したと思ったらまたなったり。

カラダが錆び付いているのがわかる。
不健全にも程がある。
階段の昇り降りのたびに、骨ほねロックが聴こえてくるのだから。

私の毎日に、だんだんファンタジーの居場所は無くなっていく。
無論、誰も奪いはしないのに。

『あなたのキスは一握の砂』って。
今、この世にこんなにしっくりこないことがあるのかと思うくらい、この一文には共感できなかったり。
理由は言えないけど、今の私には飲み込みがたいもののようだ。
ダイエットのために飲む炭酸水みたいに。

ついでに買いそびれてたからって買ってみた、わたしの願い事。

今、この世にこんなにしっくりくることがあるのかと思うくらい、聴きたい曲だった。

波のように立ち、波のように消える
風のように柔く、風のように去る

わたしの願い事、こんなにそばにある。

花のように咲き、花のように待つ

あれ?でも、花ってなにを待つっけ?



また咲くときを待ってる。
誰も遊ばなくなった庭で。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ま★

Author:ま★
こんにちは。
ようこそおいでくださいました。

頭の中はとても愉快なやつです。
見た目はとっても冴えないですが。

更新は気まぐれになりそうですが、できるだけ頑張ります。

パーティーの招待状には、終わりの時間を書かないそうです。

しかしこのパーティーの本当に怖いのは、そもそも終わりの時間は永久に訪れそうにないこと。

ごゆっくり。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。