FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私には強いお酒を頂戴。

無駄な会話。
冗長なシーンの中にしか、痺れるものは存在しない。

ジャッキーブラウン
Jackie Brown/Q・タランティーノ監督作品
今。今なら、良い音楽ばかり聴けそうだ。

翌朝目が覚めると、すっごくくだらなく、というよりも、多少恥ずかしく感じるようなものでも、夜がくればまたその価値が解る。
私にとって、「グッド・オールド」なものとはそういう立ち位置であって、昼間レコードを回さないのは勿体ないことだけれども、ただ単に時間の余裕がないからというわけでもなかった。

太陽はわかってくれない。

とか何とか言っても、最近では夜でもあまり回さないのだが、何ぶん感化されやすい性格なので、今、なわけです。
感化されやすすぎて、もうブラックミュージックならなんでも良いや的な気持ちでレイパーカーJr.、なんて不憫なことしてるんだろう。敬意もクソもないわ。でも感化されちゃうほど面白く、程よく痺れる映画でした。

そもそも今回タランティーノ監督の映画に初挑戦したのには、私にしては珍しく動機がありまして。

最近監督の新作映画が封切られたみたいですが、その映画がなんでか中国的にはNGだったらしく、”公開1分で上映中止になった”とか、もうそれならいっそ上映する前に止めときなさいよ、逆に煽ってますよそれ、炎上マーケティングってやつですか、みたいなニュースを見かけて。
そこからあてどなきインターネット大航海中にこれまたしょーもない、【タランティーノ監督は重度の脚フェチ】とかなんとかいうゴシップを見かけて、もうそんなの放っといてやんなさいよと思いながらも結局私が一番放っとけなかったという訳だったのです。
そんなに脚がすきなら、その人が撮った映画には、やはりそれが滲み出ているのか…?誰にでも当然わき上がる(可能性がなくもない)好奇心ですよ。

そして、この映画で確かめるべく、観察した結果…。

脚以外にも偏愛を感じさせるものが多すぎて、ラストでは本来の動機だった好奇心もだいぶ霞んでました。
シンプルだけどわくわくさせるストーリーの展開や、ちりばめられたBGMのBGMっぷりったるやもう。
もう公開された時点で「グッド・オールド」とされていただろうもの達が、惜しげも無く使われている様はとても気持ち良かった。
そしてなにより出演者に対する愛情が伝わってくる気がしましたし、特に主演の女優さんの使い方はもう「撮る側が惚れ込んでるんだろうな」と感じずにはいられないものが。
愛情の深い監督なのでしょうね(なんでいつもカンゴールのハットかぶってんだろとは昔から思ってたけども…)。
昔読んだ本に、『小説を書くということは、裸になって日本橋を歩くということと同じ』みたいな文章がありました。
なにかを真剣に作ったりするのは、そんなの自分の偏愛を晒しているようなもので、今更どんなゴシップを書かれたとて、当の本人はどうも感じないだろうなとぼんやり考えています。
結局それを嘲笑って、会話のネタにするような私のような人間の卑しさが、結局またも強調されてしまいました。完敗。



太陽の下で堂々と愛を叫べるという説得力。

もしも明日、午前中のうちに起きることができたら、そのときはレコードをかけよう。
そして誰かと無駄な会話を楽しむ。

せめて、それがとても難しいことで、大事なことでもあると気づかないような人間じゃなくてよかった。

それだけで、一回乾杯する価値はありそう。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ま★

Author:ま★
こんにちは。
ようこそおいでくださいました。

頭の中はとても愉快なやつです。
見た目はとっても冴えないですが。

更新は気まぐれになりそうですが、できるだけ頑張ります。

パーティーの招待状には、終わりの時間を書かないそうです。

しかしこのパーティーの本当に怖いのは、そもそも終わりの時間は永久に訪れそうにないこと。

ごゆっくり。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。