スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1+2:ALL THE DAY AND NIGHT

夜明け前、目が覚めると、上半身を起こしてベッドの上で泣いている。



「どうしよう!本当に朝がこなかったらどうしよう!!」

彼女は眠る前に自分が冗談で言ったことに、今になって酷く悩まされているらしい。

「いや、わかってるんだけどね!朝はくるよ!でも!!」あの昨夜のシャンプーデーモン閣下の再来のような頭を左右にブンブン振り、「今!!暗いし、どうしようかと思って!!」
「今だけはだめ、これは恐い!」と取り乱している。
彼女の嘘が、ほんとになるか、嘘のまま終わるか。確かにそれは、今の時点では誰にもわからないことだ。
だって彼女が願ったから、ってわけではなくても、今、何かが起こってこのまま朝がこなくなることがないとも限らない。
僕はこんなに取り乱している彼女に気休めの言葉なんてかけられない。

「ねぇ、なんかお話してよ!」

彼女は悪夢を見たりして取り乱すとすぐにこうせがんでくるが、僕はいつもこれには閉口してしまう。
なにせ僕はこんなときに彼女の頭を優しく撫でたりしながら話すお話なんて、実のところひとつも知らないのだ。
僕はまだ、イイ男道においては修行中の身なのだから。

だから代わりに歌を歌った。



You are my sunshine, my only sunshine.
You make me happy when skies are grey.

You'll never know, dear, how much I love you.
Please don't take my sunshine away.



僕はこの部分だけしかこの歌の歌詞を知らなかったので、壊れたおもちゃみたいにここだけを繰り返した。

最初は奇妙に思っていたようだけど、そのうち彼女はなんとなく納得したような顔になって横になり、間もなくすやすやと寝息を立てた。



僕は眠っている彼女に言った。

「明日晴れたら風船に手紙をつけて、太陽に向けて飛ばそう。出てきてくれてありがとうって言おう。」

聞いているんだか聞いていないんだか、いずれにしても彼女はすごく楽しそうな寝顔をしている。

「そういえば君が言うには、この地球もひとつの風船らしいね。だから、この街で一番、神様が握ってくれそうな高いところに登ろうね。そこから飛ばすんだ。ついでにその風船も掴んじゃって、太陽に届けてくれるかもしらん。」



僕らは明日、そんな素敵なことを、するかもしれないし、しなくてもいいと思う。



どっちにしろ、また明日も彼女の奇抜で大胆な話が聞けたら僕の勝ちだし、鍋にはでっかいじゃがいもカレーもまだたっぷり残ってる。



だからそんなことは、どっちだって良いと思う。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ま★

Author:ま★
こんにちは。
ようこそおいでくださいました。

頭の中はとても愉快なやつです。
見た目はとっても冴えないですが。

更新は気まぐれになりそうですが、できるだけ頑張ります。

パーティーの招待状には、終わりの時間を書かないそうです。

しかしこのパーティーの本当に怖いのは、そもそも終わりの時間は永久に訪れそうにないこと。

ごゆっくり。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。