FC2ブログ

サーフライダー・ファウンデーション

浜辺で波待つほんのひとときにも、永遠を捧げたいほど憂鬱。

どんなに「随分と日が長くなった」と口にしてみても、時さえ満ちれば瞬きする間に日は暮れる。
それに加えて、もちろん、同じ夏は二度来くることなどないのだ。



夏好きが過ぎて、いつも、夏が始まるのがこわい。
特に、こんな風に、知らない間にやってくる夏は、とても。

PUZZLE/tahiti80
パズル
カレーのじゃがいもは最後に食べる。
すきなものを食べるということは意外とつらいことだ。

それって、夏がくるのに似てる。



夏と言えば南の島。南の島と言えばタヒチ。タヒチと言えば80。

最近こっそり買った雑誌に【恋の行き先、タヒチ】という素敵なキャッチコピーの観光広告が出されていた。こういうのって、たとえば【試される大地、北海道】、なんてのがあるけど。
【恋の行き先、タヒチ】。
これと比べたらどうよ。圧倒的に、恋の行き先に辿り着きたいでしょうがよ。普通。

じゃがいもはすきだけど、試されるのは嫌いだ、いつも。まぁ、北海道はいいところなんだろうけど。

そんなこんなでTahiti80はすばらしい。
私の、夏に対する狂おしいこの気持ちを、なんか綺麗なヨーヨーみたいにして、ひとつひとつ水に浮かべてくれるような。
曲のひとつひとつが綺麗で、瑞々しくて、それでいて今にも弾けてしまいそうな。

個人的な感情だけど、母国語で歌われていないのは、そのことにとても大きく寄与していると思う。
ほんの最近まで、これがフランス人の音楽だなんて知らなかった。ダフトパンクも然りだけれども。
使い慣れたはずの言葉を選ばないことが、却ってハンドメイド感を増幅させているというか。
感情表現の手段という意味でも、リズムを織りなす音という意味でも、言葉とすごく丁寧に向き合っているように感じる。決して脊髄反射的ではなく、ひとつ、ステップを踏んでさらに高く飛ぶような高揚感も生み出している。

そう。ヨーヨーみたいに、水を、閉じ込めて、水の上に浮かべられる、そんな遊びのできる数少ない手段。



あぁ、夏を閉じ込めたい。そして夏に浮かべてみたい。

また知らぬ間に夏が来ていた。

そしてこの夏も、何の気ない顔してさ。二度とは戻らないつもりでいるんだ。



Heart Beatは飽きるほど聴いたと思っていた。
でもまた一年が経ち、また夏が来て、全然食傷してない自分に気がつく。

あのとき、時間が止まればよかったのにと、はっきりと振り返ることのできる時間なんて、夏にはどこを捜したって無い。

左手首にしがみつくよな、ほんの数百グラムの思い出ですら、明日へ明日へと時を運んでくる。

そして夏が、きた。知らない間に。

大きな波に乗って行こう!
スポンサーサイト

プロフィール

ま★

Author:ま★
こんにちは。
ようこそおいでくださいました。

頭の中はとても愉快なやつです。
見た目はとっても冴えないですが。

更新は気まぐれになりそうですが、できるだけ頑張ります。

パーティーの招待状には、終わりの時間を書かないそうです。

しかしこのパーティーの本当に怖いのは、そもそも終わりの時間は永久に訪れそうにないこと。

ごゆっくり。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード