FC2ブログ

「あまい」は「うまい」じゃない。

2,996。

何の数字か分かるかしら。
ふたりの距離の概算………ではない。断じて。

手のひらに押し寄せる迷惑な、エレクトリックかつエキセントリックな、お手紙。読まずにいる数よ。
こんだけ食べれば、白山羊さんも太るわ。

『失礼ですが猿でも出来ます。まずあなたに出来るのはとにかくこの本文を見て内容を把握することです。』

ほんと失礼だ。猿に謝れよ。そんなこと、わたしにゃできんよ。

FLY/YUKI
FLY.jpg
初回限定のLPジャケット仕様。
一番の驚きは、「ほう…ディスクはそんなふうにして、そこにいれるんだ〜」という点。
歌詞カードもジャケットに合わせて勿論どデカく、フォント一つとって見ても、嗚呼、邦楽レコード!のこだわり。

ビジュアル面からぱっと思い出したのが、「ナイアガラレコード」。
まぁ全然関係は無いんだろうけど、想起しますよね。なんせ大滝詠一さんの永眠は記憶に新しい。
なんかカラリとした西海岸風味のアートワークというか、“ロングバケーション”が海からの風なら、これは内陸から海へ向かう強い風か。
多分「君はスーパーラジカル」とか歌うもんだから、「君は天然色」を思い出したんだと思う。
君はテクニカラー(なんて言葉は出てこないけど)。あの曲大好きだ。
かねてよりフィルスペクターを敬愛していた彼に、あの「君は天然色」が出来上がったとき、どんな気持ちだったんだろう。
心に拳があれば、それは会心のガッツポーズだったに違いないんだ。

YUKIはどんなかな。
FLYが何を意味するかは、私、到底分からないけれど、かなりのびのびして、羽根を伸ばせたのでは?という感じ。

この作品を前にした多くの人たちにとって、私の言うことなんてたいした影響力は持たない。
影響といえばせいぜい煙たがられるくらいのもので、そんなのかなりどうでも良い。
私はそれを分かってて、安心安全の中で発言することとするか。

私は、YUKIには、もう、たいした期待はしていない。
別にそれは、冷めている、とイコールじゃない。
特に、ショーのステージで、アイドル然りと愛想を振りまく彼女を待っていないということ。
もちろん愛想振りまかれれば嬉しいし、私自身もその気にさせられたら黄色い声だってまだ出せるけど。

FLYは前半と後半の、というよりも、正確に言うと、後半の12、13、14曲目に固められたタイアップ曲とその他の曲の統一感がなさ過ぎる。と、感じる。
A面とB面があった、まさにレコードみたいだね。不思議。
反して、先に挙げた三曲以外のことを考えると、YUKIのアルバムにしては珍しいと思うほど、それに4、5、6曲目なんて如実に、纏まってる、というか、偏ってる。
全部の曲、作り直そうと思ったらそれぞれ全く違う形になりそうってくらい、元がひとつに纏まっている感じ。
言葉選びは、自分の目と脳みそがまるきり変わったのか?と思うくらい、ここ数年は、心掴まれるものはなかった。
今回にしてもそう。心掴まれるどころか、ちょっぴり照れくさくなってちょっと遠ざけたい感じ。
だけど嫌いなの?って言われるとやっぱりすきだ。
こだわってるわけじゃない。でもすきだ。
だから照れ隠しに、オススメしたい曲はやっぱり「君はスーパーラジカル」かな。なんか邪魔にならないリズムがいい。
猫好きなら聞いたことのある“ワッツマイケル”というワードはちりばめられた「ポートレイト」も良いな。妄想欲を掻き立てるストーリーが流れている。ファインダーを覗き込む相手に語りかけるわたしの気持ちが熱い。
意外と「眼鏡を外して」もすき。
裸、に、NO.5は、もちろんシャネルのね、とピンときたけれど、素直に聴けない、に、NO.9は何?ってしばらく考え巡らせてた。
あ。歓喜の歌か。
ね、ちょっと楽しい。たまらない。



また、とりとめもなく思い出すことがある。
シンディローパーのエピソード。

みんなご存知、「ハイスクールはダンステリア」、こと、「Girls Just Want to Have Fun」が爆発的に売れた頃。
シンディはこの曲をもっと違う風に歌いたかったというエピソード。ライナーノーツに書いてあった。
シンディはもっと、この曲はブラックに歌い上げたかったと。
だから後年彼女は、同曲を「ヘイ・ナウ」という曲にアレンジし直し、正しく、歌った。
私はこのエピソードを知って「ヘイ・ナウ」を初めて聴いたとき、「あ、これ、最初からこの曲だったら、絶対にあれほどは売れなかっただろうな」と、素直に思った。

YUKIは、真逆のことをやっているんだなぁと、薄ぼんやり思う。

すきなこと、すきなだけやってみてる。
誰にでもできたことじゃない。
すかれたいと思ううちには、絶対にできないことだから。
皮肉じゃなくて、このアルバムが、私が買うほど普通に売れるって、凄いなと思う。
いろんな人が持っているんだなぁと思うと、すこしそわそわする感じ。

すきは、それだけで、たくさんを持っている。

すき、そのものが、特別であるということ。

だって、すきなんだもーーーーーーん。

こんなアルバムが、秋に発売されるってのがいいね。
負け犬の遠吠えが、遠くまで美しく響く夜が、秋の日にはある。
スポンサーサイト

うまれてきたの

電気をつくってからは、それを消すことが贅沢に変わる。



私は生まれてきたから、もう、その先に課されているのは紛れも無く、生産性で。
ただ生きていることは、ただの贅沢。

でも、わたしはわたしを消費している。
ここで、じっと、ただただ、よしなしごとを思いつめて。



贅沢だ。

Ghost Surfer/Cascadeur
ghost surfer

気になる。
気になる気になる気になるよCascadeur!!
まず、名前なんて読むの!

気になり始めて、はや数ヶ月経過。

ようやく辿り着いたひとつの情報。

どうやらフロムフランスらしい。

フランス…覆面…(といえばダフトパンク…)

まだまだ辿り着かない。道のりは長いね。



今、目を閉じたら、遠くで横たわるあなたと、おなじ夢を見れそうな気がする。
私は予感を抱きしめて、暗闇の中で目を開けている。
静かで、贅沢な時間。
心の中に、あいがもえているのがわかる。
こんな風に静かに、身体が冷めきってくると、少しよろこびを感じるときがある。
血があついことが、分かるからだと思う。

うまれてきたのよ。

あなたのために。

そしてしんでいくの。

こんなに贅沢に。

あいがもえつきたなら。

今日は目を閉じて。おやすみなさい。

極楽はここだ

あいはきらめきのなかに

PRISM/KATY PERRY
PRISM.jpg
PRISMって、特に、何の変哲もない英単語なのかもしれないが。
やっぱりにほんご脳な私にとっては凄い単語だなぁと思う。
この国では”母音”にあたる【A,I,U,E,O】が一個。しかも5文字ものスペルのど真ん中に一個だけの単語。

そんな単語くらい、捜せば他にも腐るほどあるのかもしれないけれど、このジャケットを手に取って、改めて。
ほぅ、と思っている。
”I”を中心に、謎の調和を保った単語に見えないだろうか?
謎の、そして、完璧な、調和。



思いのままに話しだしたら、どんなに違うことばを捜そうとしても、うまくいかないときがある。
他者を介した客観性無くしては、真実は語れない。
動いているのは天では無くて地なのだから。

でも今、私は多分、ガリレオ以降、最初のガリレオ。

皆が真実を知っている中で、私は一人、反論に立つ。
身を投げ出す覚悟で、強く訴えよう。
求めているものを手にすることがしあわせだと。
私の頭上で天が廻りだす(まるでミラーボールのように!!)。
ガリレオの勇気が運んだ真実を、情熱的な怠惰でぶち壊す。私はそこから一歩も動かない。

「それでも私は、笑っている!」

”私”が立っている。
きらめきのなかに立っている。

相対するきみよ。

欲しいものを手に入れているか。



バースデイが特に気に入った。

受け入れられるとき、こんなにもきらめく。
光を集めて、光を放てる。

たったひとつの太陽だけでは、照らせない場所がある。

きみがそこを、照らし続けてくれればいいのだ。

30世紀の恋

ファンタジーは、許されない世界。

わたしの願い事/YUKI
わたしの願い事

先日、ニューシングル”STARMANN”がリリースされたYUKI。
最近すっかりYUKIにご無沙汰だった私は、何故最後にNが重なっているんだろうとか不粋な疑問を抱かざるをえなかった。



何をしても息切れしてしまう。

行動範囲と引き換えに、いろんなものを狭くしてきた。
誰も進んで奪いはしないのだけれど、とにかく何かを捧げてきた。
そうしていないとまた息切れをしてしまうので。

気がつくと、なにかとてつもなく切羽詰まったものたちに囲まれていた。
肩こりとか。解消したり、したと思ったらまたなったり。

カラダが錆び付いているのがわかる。
不健全にも程がある。
階段の昇り降りのたびに、骨ほねロックが聴こえてくるのだから。

私の毎日に、だんだんファンタジーの居場所は無くなっていく。
無論、誰も奪いはしないのに。

『あなたのキスは一握の砂』って。
今、この世にこんなにしっくりこないことがあるのかと思うくらい、この一文には共感できなかったり。
理由は言えないけど、今の私には飲み込みがたいもののようだ。
ダイエットのために飲む炭酸水みたいに。

ついでに買いそびれてたからって買ってみた、わたしの願い事。

今、この世にこんなにしっくりくることがあるのかと思うくらい、聴きたい曲だった。

波のように立ち、波のように消える
風のように柔く、風のように去る

わたしの願い事、こんなにそばにある。

花のように咲き、花のように待つ

あれ?でも、花ってなにを待つっけ?



また咲くときを待ってる。
誰も遊ばなくなった庭で。

RPT.

弾む息。滲む汗。
今までで一番、長い長い散歩をした。
下り坂。上り坂。
行くところも帰るところもなかったような気がした。

繋がっていそうなものを捜した。
線路。青空。ノスタルジックな、公園のペリカン。

花も盛りのあの季節。それがいつのことかは忘れたけれど、むせ返るほどの春だった。

街を見下ろした。誰も見えなかったし、誰も私を見なかった。
だけどあれはなんだったろう。
たまらなくてたまらなくて、ずっと話していたけれど、うまくくちもきけなかった。

Ben Kweller/Ben Kweller
Ben Kweller

Runという曲を初めて耳にしてから、聴いてみたくて聴いてみたくてうずうずしていた。
まさに10キロの道のりを走ったその日に手にしたという単純極まりない思い出とともに、
このアルバムは記憶の棚に、こっちを向いて並んでいる。



だんだん思い出がぼやけてくると、だんだんはっきりしてくることがある。
思い出がそこにあったということだ。

なんでこんなことを私は必死で思い出そうとしているんだろうと考えたときに初めて、
あぁそういうことなのかと納得する。
何度も思い出したいようなものを、私はそこに置いてきてしまったと。
私はいつも置いてきてしまう。遠くに遠くに。
そしてとてつもないものぐさのせいで、ついには二度と取りに戻るようなことはしないから。

歌は、巻き戻せる数少ないもののひとつ。

私はへたくそだから、何度も上手に巻き戻せる歌が、すきだ。
Ben Kwellerなんてもってこいだと思う。

こんな風に走り続けている人は、たぶん巻き戻すのが上手なんだと思う。
(走り続けてきた、と言ってるしね。彼は嘘はついていないと思うよ。)
自分が吐いた息に、一周して追いついているのかな。
怠け者が見上げてる星に追いつくには、地球のほうが一周してくれるのを待つほかないもの。
歌を聴きながらそのときが訪れるのをずっと待ってる。

歌が、巻き戻してくれる。
明日地球が太陽を迎えに、また一周してくれるみたいに。
Runで鷲掴みされたら、いきなりNothing Happeningで放り出されて。
派手さはないけれど、とても忙しくて素敵なアルバムだ。
何度も巻き戻したくなる。
I Gotta Moveも可愛らしくてとても良い。
あぁ何度でも、もう一度だけでも。



私はそうして日常を生きながら、非日常を眺めている。
なす術もなく、いつも無力で、ときに、うまくくちもきけなくて。

でも、こころは、走ろう。
ずっとそうしてきた。
たぶん、隣だったと思う。

プロフィール

ま★

Author:ま★
こんにちは。
ようこそおいでくださいました。

頭の中はとても愉快なやつです。
見た目はとっても冴えないですが。

更新は気まぐれになりそうですが、できるだけ頑張ります。

パーティーの招待状には、終わりの時間を書かないそうです。

しかしこのパーティーの本当に怖いのは、そもそも終わりの時間は永久に訪れそうにないこと。

ごゆっくり。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード